1. ホーム
  2. よくあるご質問

よくあるご質問

外装材・防水材共通
建物外壁と屋上防水の定期的な改修工事には、どのような「ハマキャスト」商品を選択すればよいのですか?
建物外壁と屋上防水の改修工事には、以下の点に留意して、専門工事会社である弊社にご相談下さい。
■防水工事は雨漏りしない材料・工法を選ぶ
■外壁改修は美しく見映えのする材料・工法を選ぶ
■耐久性・耐候性に優れ、長持ち(長寿命)する材料を選ぶ
■メンテナンスに手間とコストがかからない材料・工法を選ぶ
■ライフサイクルコスト(建物生涯費用)で比較し安価な材料・工法を選ぶ
弊社商品(外装材・防水材)は、上記特性を備えています。
詳しくはご相談ください。最適な材料・工法をご提案いたします。
改修するにあたり、事前調査や見積りは、費用がかかりますか?
初期段階の現地調査及び仮見積りは、無料で行っております。
改修工事にあたり、仮設足場からその他すべての工事を請負うことはできますか?
弊社は、事前調査から、仮設足場設置、下地調整工事、シーリング打替え工事、外壁塗装工事、屋上その他防水工事まで、直接請負います。詳しくはご相談ください。
外装材関係
外壁の改修(リニューアル)工事は、どのような方法で施工するのですか?
弊社商品(外装材)の改修方法は、下地調整後、プライマー塗布、現場再現型人造石「ハマキャストシリーズ」(トップコート2回塗布含む)を施工します。
既存下地は、コンクリート、ALC板、磁器タイル張り、押出成型セメント板、モルタル、各種塗装材、金属パネルなど、それぞれに適した下地調整を行い、あらゆる下地材に施工できます。詳しくは、ご相談下さい。
外壁の自然本石の模様・色調に色合わせした「ハマキャスト外装材」を施工できますか?
A.弊社の優れた調色技術により、自然本石と同様の模様・色調が再現できます。
(例)東京都庁の渡り廊下に弊社商品「ハマキャスト」を施工。両サイドの建物には本石が使用されており、その本石の模様・色調に合わせました。施工後は本石と見分けがつかないほどの仕上がりになっています。
地震時に、タイルや石材のように剥離・脱落する心配はありませんか?
弊社商品「ハマキャスト外装材」は、分類上は塗装材で、その特長は軽量・薄層で可撓性(微弾性)を持ち、接着強度に優れていますので、剥離・脱落の心配はありません。
「ハマキャスト外装材」は30年間に約4,000物件を施工して参りましたが、剥離・脱落もありません。1995年の阪神・淡路大震災においても、剥離・脱落は1件もありませんでした。
費用(価格)は幾らくらいかかりますか?
既存外壁の下地材質、形状、数量、補修の有無、仕上材などにより、費用は異なります。
弊社「ハマキャスト外装材」は、下地材から仕上材まで約30種類以上の商品があり、形状や数量により価格が異なります。費用については、ご相談ください。
商品の発売元、流通・小売りはどのようになっているのでしょうか?
発売元は「株式会社ハマキャスト」です。弊社はメーカーでありながら、自社の施工部門で施工・監理する「完全責任施工」を行っており、販売代理店や工事店に材料(商品のみ)の販売を一切行っておりません。
エンドユーザー様、元請業者様との直接契約が主な流通ルートです。それは、商品の「美しい出来映え」や「長寿命化」などの品質・性能を保持し、お客様に満足をお届けするための仕組みです。
外装材の保証はありますか?
弊社「ハマキャスト外装材」は、ほぼ全ての商品が、メンテナンスフリー50年対応で、保証期間は20年です。それは弊社が材料から工事まで「完全責任施工」を実施し、品質管理を行っているからです。「最初から最後まで、一貫して責任を持って完成させる」から出来る品質と保証です。
防水材関係
新築や改修時の防水工事は、どのような防水工法で施工するのが最適でしょうか?
新築・改修いずれも「超耐候性断熱複合圧送塗膜防水工法」をお薦めします。既存防水層(新築時は改質アスファルトシートを敷設)の上から断熱ウレタンゴムを吹き付け、断熱遮熱トップコートで仕上げるので、高耐久性で高断熱、水密性に優れた防水工法です。
では、なぜ「超耐候性断熱複合圧送塗膜防水工法」が優れているのでしょうか?
「超耐候性断熱複合圧送塗膜防水工法」が優れている理由は、次の6つの特長があるからです。
  1. 優れた水密性:
    同防水工法は断熱ウレタンゴムを直接下地(コンクリートなど)に吹き付ける密着工法で施工するため、水密性に優れシームレスに仕上がります。
  2. 長寿命:
    防水層の仕上げに断熱性・遮熱性に優れた超耐候性の特殊なトップコートを塗布します。同トップコートは、促進耐候性試験の結果、10,000時間(200時間=1年換算、50年相当)をクリアしました。
  3. 静かな工事/工期短縮:
    既存防水層を撤去せず、断熱ウレタンゴムを吹き付ける工法なので騒音が少なく施工できます。また、断熱ウレタンゴムは硬化が早く、防水端部の施工もスピーディで工期短縮が可能です。
  4. 断熱効果:
    同防水工法は、気泡を多く含む断熱ウレタンゴムと、断熱成分と高反射成分を含むトップコート仕上げのダブルの断熱性能により、優れた断熱効果が期待できます。
  5. 環境保護に貢献:
    同工法は、既存防水層を撤去しないので産業廃棄物の発生が少なくて済みます。また、主材は無溶剤タイプなので、異臭が少なく工事中、工事後も安心です。なにより、長寿命商品なので、改修工事の回数を減らし、省エネ・省資源でCO2排出量を低減する、環境に優しい工法です。
  6. 低コスト:
    超耐候性の特殊トップコートによる長寿命商品なので、改修工事回数が少なくて済み、ライフサイクルコストを、50年間で1/3にコストダウンします。また、工事の煩わしさからも開放されます。